俺の芸人物語60「でたらめ」

黒豆の苗と落花生がすくすく成長してきた頃、周りに迷惑を掛け社会人としても常識を疑う恥ずかしい事が発覚した。
大家さんより相方づてに伝言が届き
「入室してから三ヶ月の家賃が未納になってるようだ。どうなっているのか?」
と伝えてくれとの事だった。
自分の生活が疎かになっていた。自分がしなければならない仕事に対しては全力投球で、日々バタバタしていたが、悪い意味で言うと無頓着でもあった。
収入は僅かながらではあったが生活できるギリギリはあったはず。引き落とされて無かったのか?と考えてみたものの、どんぶり勘定にしても酷すぎる誤差。明日中に払わないと次の日から退去してもらわないといけない、とまで付け加えられていた。
しかし家賃3ヶ月分といえばかなりの額。
引っ越す時によしもとからまとまった額借金し約2年給料天引きになっていたので、他から借金するのは返済も考えると計算上難しかった。
すぐさま、恥も外聞も捨て弟を頼った。弟は返事1つで無期限でその額を貸してくれると言う。
本当に心の底から情けない兄だと思った。
家族に借金する時に頭を下げ慣れてはいたが、5つも年が離れた弟には初めての事で絶対に止めようと思っていたが切羽詰まりすぎて他にいなかった。もう頭が上がらない。
弟が住んでいる東京の郊外の町まで車を飛ばし、近くのファミレスで落ち合った。
「兄ちゃん大丈夫?」と言われたが、その場を乗り切る気持ちで精一杯で、どんな言葉でも格好もつかないし、深刻な状況は伝わっており付け焼き刃の雰囲気を取り繕うことしか出来なかった。
弟は全力で応援してくれている。
その気持ちを裏切ることはできない。だから月に幾らかでも返していきたい。千葉に来てからアルバイトは一旦辞めていたのだが、返済と生活維持の為には新しいアルバイトを探さなければならない。
お笑い100パーセントで生きていきたいのに、アルバイトに時間を割かなければいけないジレンマ。
これはお笑いを始めて10年ずっと感じて来てどこかで理由を探しながら折り合いをつけている感情。
特技になるはず、エピソードになるはず、自分に投資する為、などなど、様々な理由を無理やり自分に言い聞かせてきた。
その代わり、お笑いに使える人生の時間を奪われている感覚があるのも事実。
結果、年月経っても中途半端なままダラダラ上手に両立を続けて来てしまっている。
千葉に来て、その状況を変えたくてお笑いの収入だけで食べていきたい、自分を追い込みたい気持ちだけが空回りして、家族や周りに迷惑を掛けていた。
節約の為とは言え、自炊する時にいつも情けない気持ちになる。お腹を満たす為の最低限の食事。質より、量。同じメニューのローテーション。安くたくさん食べれてお腹を満たされる方法は無限に開拓してきた。無駄な技術だ。
新しく始めたアルバイトは、新浦安にあるホテルで清掃とベッドメーキングの仕事。職場のほぼ全員がパートの主婦さん達だった。
宿泊客は夢の国の雰囲気を漂わせた人々。
50部屋ほどのシーツやゴミを片付け、新しい物と交換する。
夢の国を支える仕事として、こんな側面もあるんだなぁとなんとなく思っていたが、夢を与える側の仕事としては限りなく程遠く、それが一番現状の情けなさを感じる事が出来てハングリー精神を強くさせていたと思う。
同じ頃、自分のでたらめさが表面化してきて問題になる事が続いた。
アパートの空き駐車場に荷物の積み下ろしなどを兼ねて小一時間駐車する事があった。全ての駐車場は住人の契約で埋まっていたが、時間帯によっては車が出払って空いてる時もあったので「少しだったら良いだろう。誰かが言って来たらどけば良いか。」と気軽に思っていたのが後に仇となった。
ある日の朝車を駐車スペースに停め、仕事までの時間準備などで小一時間してから出発の為移動させた。すると後ろからクラクションを鳴らしながら黒塗りのライトバンが自分の車を煽って来た。窓を開けて手を出して路肩に寄せるように何か大声で叫んでいる。
アパートから出て1〜2分の出来事だったので驚き、路肩に車を停車した。
するとライトバンからはイカツイ若者が出て来て
「オタク、いつもうちの駐車場に無断で停めてるよな。毎日チェックしてるから。今回も停めてたから。何のつもり?オタクどこのもん?」
と凄い勢いで詰められる。咄嗟に
「すみませんでした。もうしませんので許してもらえませんか?」
と謝罪の言葉が出て来たが、相手の勢いが凄かったので後々大きな問題にならないか心配になってその場でうまくまとめれればと焦っていた。
「あんた知ってるけど、同じアパートの住人だよな。お笑い芸人だろ?知ってるぞ?」
「いえ違います。」
「嘘つくなよ。ゴールデンボーイズだろ?なんだよその嘘。バレるような嘘つくなよ。」
「いえ、違います。もうしませんので勘弁してもらえませんか?」
「嘘ついてるようなやつ信用出来ないわ。俺お前の相方の同級生なんだよ。お前その嘘、すぐバレるぞ。情けないな。そんなやつ誰が応援するんだよ。」
全てバレていた。
となると、芸人じゃないと言った嘘は本当に情けない。知ってて、我慢していたんだと思ったら本当に申し訳なかった。
しかし一度ついた嘘は其処で覆すことは出来ず
「もうしませんので許してください。すみませんでした。仕事なのでもう行きます。」
「逃げるんか!お前の相方にも言っとくからな!!」
「すみませんでした。」
相方の同級生の親が大家さんのアパートに、別の同級生が住んでいて、そのどちらにも迷惑を掛けている。
相方に合わせる顔がない。迷惑を掛けてしまってる。
隣の部屋からは苦情も出ている。
自分が災いの種とはいえ生活する事が本当に苦しかった。
前向きに解消できる事から取り組まないといけないとわかっていても、やりたい事を続ける為に起きている出来事。
その日の夜相方が「友達から凄い剣幕で連絡きたけど事実?」
「その通りだよ。凄い迷惑かけて申し訳ない。改めて謝罪する機会作れたらと思ってるよ。」
「幼馴染だから俺からも謝罪言っとくから。最初芸人じゃないって言ったの?」
「…咄嗟に問題になるって思って隠してしまった。」
相方はそれを聞き笑っていた。
「近くに住んでたら絶対バレるじゃん。隠したのは印象も良くないし!ただでさえ顔にインパクトあるんだから!」
と言って笑っていた。
「お前の相方って色黒くてゴリラみたいな奴だよな?って言われたよ!笑」
笑ってくれているのがせめてもの救いになった。そして幼馴染に悪い事したと思ったが、相方が心強く、唯一無二の仲間で居てくれる事が心の支えになった。
問題が起こってから判るのも遅かったが、相方は裏側では全力で俺のこともサポートしてくれているのが伝わってきた。
後日改めて菓子折りを持って相方と一緒に、駐車場の幼馴染に謝罪に行った。
あのとき怖かった隣人が笑いながら
「芸人だよな?って聞いた後、違いますってバレバレの嘘つくから、本気で怒ろうと思ったけど笑いそうになったよ!もう別に大丈夫だから。一声かけてくれれば駐車場使っても良いからね。友達みんな応援してるから。」
と、相方の顔を立ててくれ寛容に許してくれた。
相方にはとても申し訳なかったが、これらの事件のお陰で相方の頼り甲斐のある存在感と、2人でこれから誰も知り合いの居ない土地に乗り込んでいくときの心強さを、しっかりと感じれる出来事となった。
続く。

元記事へのリンク

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-5-11

    千葉みなと「アマンダンセイル」結婚式場で潮風を感じるビアガーデン 2018/6/15~9/14

    6月15日(金)~9月14日(金)の期間、千葉県千葉市中央区中央港にある結婚式場「アマンダンセイル」…
  2. 2018-5-10

    市民制作の柏のご当地アニメ新シリーズ制作が決定!!【超普通都市カシワ伝説】

    柏のご当地ゆるアニメ新シリーズ「超普通都市カシワ伝説Z」の制作が決定した。2018年1月に柏モデ…
  3. 鴨川シーワールド ホテルに新フォトスポット登場!

    2018-5-5

    鴨川シーワールド 〈ホテルに新フォトスポット登場!〉鴨川シーワールドホテル

    〈ホテルに新フォトスポット登場!〉鴨川シーワールドホテルの1階テラスに新しいフォトスポットが登場しま…
  4. CHIBA JETS B.LEAGUE 2017-18シーズン東地区優勝を奪取!!

    2018-5-5

    CHIBA JETS B.LEAGUE 2017-18シーズン東地区優勝を奪取!!

    B.LEAGUE 2017-18シーズン vs琉球試合終了琉球の強固な守備に苦しむも、我慢のバスケで…
  5. いすみ鉄道 5月20日(日) ヘッドマーク祭り開催

    2018-5-4

    5月20日 ヘッドマーク祭り開催

    いすみ鉄道には本日も朝からたくさんのお客様にご乗車いただいております。皆様ありがとうございます。&a…
  6. 金谷美術館「堂本印象の世界展」2018/4/29~9/2

    2018-5-1

    金谷美術館「堂本印象の世界展」2018/4/29~9/2

    「堂本印象の世界展」が始まりました。京都画壇で非常に人気の堂本印象の作品全74点(前期・後期合わせて…
  7. 小湊鉄道「発電所カフェ」4/27~、金・土・日・月・祝日に営業

    2018-4-28

    小湊鉄道「発電所カフェ」4/27~、金・土・日・月・祝日に営業

    発電所カフェ リターンズ!3/21~4/9日まで富津市金谷所在の飛騨合掌造りの人気カフェ「カフェえど…

千葉の天気

千葉のねこ・ネコ・猫

人情船橋競馬場厩舎ネコ物語 [ 津乗健太 ]

価格:1,998円
(2018/3/8 10:49時点)(楽天ブックス)

株式会社ベイキューブシー

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る
Translate »