今日の昭和の森は晴れています。

風は無く蒸し暑いです。

 

夏は早朝に限ります。

犬の散歩も日中を避けて朝夕の人が多いですね。

 

今日は休日なので、展望広場に愛犬家が集まっているようでした。

しかし、ただ集まって親睦しているならいいのですが、

なんと、犬を走り回らせています。

 

どういう了見なのでしょうか。

展望台広場は、「ドッグラン広場」に変更になったのでしょうか。

 

飼い主本人たちは、「朝で人通りも少ないので、問題ない」と

勝手に思い込んでやっているのでしょうか。

実のところ、休日の朝は小さい子供たちも訪れています。

よって、決して犬を放し飼いにしてはいけません。

 

「犬の放し飼いは市条例に反する」という立札は、

この近くには無いので無視しているのでしょうか。

 

精神的にペットに頼らざるを得ない方や、

動物を保護せざるを得ない方もいるでしょう。

しかし、ご覧のような方々は余裕で(趣味で)

ペットを飼っているのでしょう。

 

余裕のある方々は公共心を持ち、

糞や毛の処理だけでなく、放し飼いをしないようにお願いします。

 

なお、ペットが公園や公道で糞尿しても

処理すればいいというもではありません。

公道・公園はトイレではないのです。

人であれば、まずすることはありません。

 

それから、緑公園緑地事務所にお願いですが、

早朝と夜の抜き打ち調査・パトロールをしてはどうでしょうか。

問題は、勤務時間外や目の届かないところで起きるものです。

 

20170708犬