アート・クラフト

配信元ブログのご紹介:

「にわのわ」アート&クラフトフェア・チバ

URL: http://niwanowa.info/

千葉県在住・千葉県出身など“千葉”という土地に愛着をもつ作家たちが集まる「にわのわ アート&クラフトフェア・チバ」。彫刻・絵画などのアート作品や、陶磁器・木工・ガラスなどのクラフト作品を通じて、 つくり手とつかい手がつながる“わ”をつくりだしていきます。

にわのわInstagram企画!当選者発表

《にわのわInstagram企画》にたくさんのご参加ありがとうございました。 抽選の結果、写真内の画像を送ってくださった10名の方に決まりました。 10名の方にはダイレクトメールをお送りしますので、ご確認ください。 素敵な写真をありがとうございました!
続きを読む

ボランティア打ち上げ!

ずいぶん時間があいてしまいましたが、6月にボランティアの方々と昼間はBBQ+夜は飲み会の打ち上げが盛大に執り行われました。 BBQは印旛沼サンセットヒルズ。見晴らしもよいこの場所で、この日ばかりはワイワイゆっくり楽しめました。 一番の盛り上がりは、作家さんからご提供いただいた作品のくじ引き! たくさんたくさん提供していただいたおかげで、ボランティア、スタッフ分みんなでくじ引きできました。 素敵なものをいただけて、また本当にみなさんに喜んでもらえて大盛り上がり。 ありがとうございました!また来年も楽しめそうです。
続きを読む

にわのわInstagram企画!ありがとうございました

《にわのわInstagram企画》にたくさんのご参加ありがとうございました。 おいしそうなご馳走風景ににわのわの作家さんの手しごとが加わっている写真もあって、皆さんの暮らしに溶け込んでいる様子を知ることができ、とてもうれしくなりました。 6月30日で締め切りとさせていただきました。 抽選の結果発表はにわのわHPで行います。 今しばらくお待ち下さい。 ありがとうございました。
続きを読む

佐倉市のレンタサイクルにお世話になりまし

会場がとても広いにわのわ。 今回もオレンジ色の元気なレンタサイクルにお世話になりました。 今年もありがとうございます。 この佐倉市のレンタサイクル、とても便利です。 自転車に乗って、佐倉の散策に出かけてみませんか? 下記の5か所で貸し出し、返却ができます。 観光案内所((公社)佐倉市観光協会) JR佐倉駅前観光情報センター(JR佐倉駅北口階段下) 佐倉ふるさと広場 サンサンサイクル(京成臼井駅南口) 時間:午前9時から午後4時 料金:1日1台 500円 お問い合わせ:(公社)佐倉市観光協会 詳細はこちらからhttp://www.sakurashi-kankou.or.jp/facilities/レンタサイクル/
続きを読む

にわのわサポーターズさまのご紹介

これまでにご紹介させていただいた他にもたくさんの方に応援いただいています。 こちらであらためてお礼を申し上げます。ありがとうございました。 ・ちどり(茨城県ひたちなか市)http://chidori-z.com/ とうふ、おから、とうにゅう料理と喫茶のお店。 ・gallery ten(大網白里市)http://www.gallery-ten.com/ 毎月2回さまざまなジャンルの展覧会を開催されるギャラリー・カフェ。 ・うつわ屋Living&Tableware(熊本県合志市)http://www.utsuwaya.net/ 熊本市北東部合志市にあります和食器屋。被災された中での応援本当にありがとうございます。 ・Strawberry House ASANO(山武市)https://www.facebook.com/StrawberryHouseAsano/ 横芝光町の苺農家。自然と体に優しく美味しい苺を作っています。 ・日建ホーム株式会社(我孫子市) http://www.n-home.co.jp/ 無垢材や自然素材の家、外断熱、地熱の家づくりを手がける建築会社。 ・有限会社松原工業(府中市) http://www.gs-you.com/ コッツウォルズストーン、レンガの輸入販売、施工からガーデニング用品の販売まで。 他にもたくさんの方に応援いただきました。 みなさま、ありがとうございました。 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
続きを読む

にわのわサポーターズのご紹介:STORY・HOMEさ

今日はにわのわサポーターズのSTORY・HOMEさまのご紹介です。 STORY•HOMEさまは、それぞれの暮らしから生まれる物語に寄り添う工務店さんです。 STORY・HOMEさまよりコメント 千葉県佐倉市で「いえづくり」をさせていただいております。 私たちはお客様との出会いから「いえづくり」のストーリーを一緒に作りたい、お客様のストーリーに「いえづくり」を通じて参加できることが私たちの喜びと考えました。 私どもと一緒に「いえづくり」を楽しみませんか?「いえづくり」を一緒にいたしましょう。 にわのわは、色々な作家さん・作品との出会いの縁をくださっていると思い、感謝しています。 これからも色々な出会いを与えてください。お願いいたします。 STORY・HOMEさま、ありがとうございました。 STORY・HOMEさまホームページ:http://story-home.jp/
続きを読む

にわのわサポーターズのご紹介:tamaya cafeさま

今日はにわのわサポーターズのtamaya cafeさまのご紹介です。 tamaya cafeさまは、JR酒々井駅から徒歩2分のかわいいカフェです。 tamaya cafeさまよりコメント 千葉県印旛郡酒々井町にあるハンドドリップで淹れるスペシャルティコーヒーと鉄スキレット料理のちいさなcafeです。 生産者の顔がみえる季節の地場食材をつかったごはん、 「煎りたて挽きたて淹れたて」のコーヒーと手作りの甘いものでみなさまをお待ちしております。 「にわのわアート&クラフトフェア・チバ2016」開催おめでとうございます。 ぜひとも関わりたかったので今回は協賛というカタチをとらせていただきました。 ゲストもキャストの笑顔と有難うが溢れるチバの一大イベント。 しあわせな時間と空間がとなり町の酒々井まで伝わってきました。 関係者のみなさま大変おつかれさまでございました。 これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。 tamaya cafeさま、ありがとうございました。 tamaya cafeさまホームページ:http://r.goope.jp/tamaya/
続きを読む

にわのわサポーターズのご紹介:たべいコー

今日はにわのわサポーターズのたべいコーヒーさまのご紹介です。 たべいコーヒーさまは四街道市にあるスペシャルティコーヒー豆専門店です。 たべいコーヒーさまよりコメント 2002年創業のコーヒー豆専門店です。地元千葉の皆さまに美味しいコーヒーをご紹介できるよう、コーヒー農園を訪れ良質なコーヒー豆を厳選しています。 素敵なものと人が繋がる「にわのわ」は、訪れるたびに新しい出会いがあります。長く大切に使いたくなるもの、触れるたびに心動かされるもの、作品に込められた想いを作り手から直接感じることができるのも「にわのわ」の魅力の1つだと思います。来年も素敵な出会いを楽しみにしています。 たべいコーヒーさま、ありがとうございました。 たべいコーヒーさまホームページ:http://www.tabei-coffee.com/
続きを読む

にわのわサポーターズのご紹介:椿森コムナ

今日はにわのわサポーターズの椿森コムナPowered by 拓匠開発さまのご紹介です。 昨年10月末にオープンした椿森コムナさま。 『平屋の街をつくる。』、『Tree House for Next Millennium ツリーハウスの街』で2014年度グッドデザイン賞を受賞されてもいる拓匠開発さまが手がけるコミュニティスペースです。 連日大人から子どもまで、多くの方で賑わっています。 椿森コムナさまよりコメント 拓匠開発がプロデュースする椿森コムナは千葉駅から徒歩9分、子供から大人まで遊んで食べて自然と触れ合えるツリーハウスカフェ&コミュニティスペースです。 全米住みたい街No.1の都市ポートランドの「人と環境にやさしい街」を参考に企画、設計し、拓匠開発が取り扱う廃屋や建築現場の残材、既存樹木を有効利用して製作しました。 ハンモックでくつろいだり、ウッドデッキで座ってコーヒーを飲んだりと非日常的なくつろぎ空間をご提供しています。 地域密着で千葉を活性化させていきたい、人と環境にやさしい街をつくっていきたいという思いで始めた椿森コムナ。にわのわさんと「モノづくり」という共通点を通して、この思いを広めていきたいと思っております。 椿森コムナさま、ありがとうございました。 椿森コムナさまホームページ:http://tsubakimorikomuna.com/
続きを読む

にわのわサポーターズのご紹介:DIC川村記念

今日はにわのわサポーターズのDIC川村記念美術館さまのご紹介です。 にわのわは、DIC川村記念美術館さまの庭園でスタートしました。昨年から会場を佐倉城址公園に移しましたが、その後もさまざまなかたちで応援してくださっています。DIC川村記念美術館さまがあったからこその今のにわのわがあります。 DIC川村記念美術館さまよりコメント DIC川村記念美術館は、DIC株式会社がその関連会社とともに収集した美術品を公開するために、1990年に佐倉市のDIC総合研究所敷地内に設立した美術館です。コレクション展示や多様な企画展を開催する一方で、「友の会」の運営、作品の理解をより深めていただくための「ガイドツアー」、小中学校の美術館見学を補助する「美術教育サポート」などを行っています。また、自然豊かな散策路は近隣市町村の方々の憩いの場所となっています。 2012年に当館の庭で始まった「にわのわ」が城址公園にステージを移して今年で2年目。城下町佐倉を楽しめる「まちのわ」も加わり、ご関係者の努力でイベントが着実に成長されていくのを頼もしく感じながら見守っています。 DIC川村記念美術館さま、ありがとうございました。 DIC川村記念美術館さまホームページ:http://kawamura-museum.dic.co.jp/
続きを読む