カテゴリー:観光

  • 2002年12月1日ダイヤ改正

    2002年12月1日のダイヤ改正といってピンとくる人は、おそらく今頃大雪と格闘していらっしゃる方だと思います。2002年12月1日というのは、そう、東北新幹線がそれまでの終着駅盛岡から八戸まで延伸開業した日です。東北新幹線が盛岡まで開業したのが1982年。2002年というのは、それから20年かかって100km先の八戸へ延びているということになります。なぜ、こんな話を急にするかといえば、実は今日、部屋を片づけていたらこんなパンフレットが出てきたんです。これはJR北海道のポスターですから、八戸接続でデビューした「スーパー白鳥」という特急列車の宣伝用で、函館から八戸乗継で最短5時間58分で東京へ行かれますよ、というのがうたい文句になっています。今から14年前ですね。14年前の段階だとしても、函館の人に「5時間58分で東京に行かれますよ。」と宣伝することが現実的かどうかは甚だ疑問がわくわけで、鉄道屋さんらしい、自分たちの常識をもとに作成したパンフレットだということが理解できます。そしてその8年後、今から6年前の2010年に新青森まで開業して東北新幹線としては全通したことになるのですが、所要時間ではなくて実現するまでの時間の話として、東北新幹線の全通までに盛岡開業から実に28年が経過しているわけです。そういう経緯を経て、今回の新函館北斗まで開業することになるわけで、1982年の盛岡開業からするとここまでに34年が経過したことになります。さらに念願の札幌までの開業は2031年予定とのことですから、1982年から起算すると49年かかることになります。これだけで、22歳で大学を卒業した新卒の社会人が会社に入社してから71歳になるまでの時間ということになるわけです。まして整備新幹線計画で東京から北海道まで新幹線を結びましょうと、国の偉い人たちが決めて発表したのが1973年のことですから、計画決定から全通までに58年。決めた本人たちは草葉の影に隠れてしまったのはもちろんですが、その子供の世代もリタイアし、孫の代になってやっと実現するというのが、北海道新幹線ということになるのです。こういうのって、国家的プロジェクトというのでしょうか?なぜなら計画から40年も50年も経過するということは、実は世の中が大きく変わってしまっているわけで、それでも粛々と推し進めること自体に私は市場を無視した利用者不在の交通政策だと言われても仕方ないと思います。交通政策に市場の原理を持ち込んで、「お前たちはどうして黒字にできないのだ。」とJR北海道に詰め寄っているその張本人たちが、その市場の原理を全く無視して、40年以上も前の決定事項を今頃になって、「作ってやったんだから、あとはお前たちでやりなさい。」と、そう言っているようにしか見えないのが今回の北海道新幹線の函館延伸開業と私は見ています。北海道への新幹線乗り入れで東京から函館まで4時間2分となるようですが、飛行機か、新幹線かの意思決定要因となる、いわゆる「3時間の壁」を大きく超えているわけですから、今さら何のために新幹線を開通するのでしょうかという疑問は頭からぬぐえません。「お前も交通事業者なんだから国の政策を批判するな。」と言われそうですが、私ははなから迎合するつもりはありませんし、「函館市民の気持ちになってみろ。」と言われたとしても、「函館の人たちは、飛行機が減便されることの方がはるかに困ったことになるんじゃないでしょうか。」と言う方が的確なのではないでしょうか。こういうことをやるぐらいなら、きちんと国営で新幹線をやるような方向にもっていかないと、ただでさえ地場産業の衰退で落ち込んでいる地域やJR北海道に対して、上下分離や健全な市場原理を求めることは無理だと言えると思います。すくなくとも、こういうパンフレットが今、手元にあるということは、私は一朝一夕で交通政策を見ているわけではないということで、長年にわたって、北海道の交通政策を見てきた私とすれば、まあ、北海道新幹線の首根っこを握っているエリアのJRが、とりあえず運営して、JR北海道の負担をいくらかでも減らす努力を政策としてとるべきだろうということは、容易に想像できるのではないでしょうか。北海道新幹線の開業に水を差すわけではありませんが、見たくないものを見ないで過ごせる時代ではないと思いますし、そういう世の中でもないと考えます。たまたま、今日、部屋を掃除していたら、このようなパンフを見つけて、「そうだよね。」と、今更ながらに北海道に思いを馳せる次第でございます。…
  • 今日から3月

    あっという間に2月が終わり、早いもので今日から3月です。寒波が来て寒い日が続いておりますが、そんな中でも春は少しずつ気配を感じさせてくれています。▲渡辺新悟さんが撮影した本日の大野の築堤です。▼下は約2週間前の2月17日の同じ場所。菜の花がこの2週間でずいぶん大きくなっているのがわかります。今年は少し早目のようですから、大野の築堤などはあと10日もすると見ごろを迎えるものと思われます。▲大多喜の山の中へ行くにしたがって少しずつ菜の花の開花が遅くなるようです。▲本日の大多喜城。今日はレストラン列車の貸切がありましたので、キハ2両編成が走りました。渡辺さんが毎日記録してくれていますが、鉄橋の脇の杉の木が真っ赤です。つまり、花粉がプンプン。春が来る前のお約束の儀式のように、マスクと目薬が離せない季節になりました。花粉症の皆様はどうぞご自愛ください。それにしても、良い季節になってきましたよ。ところで、Facebookではご案内させていただきましたが、3月26日運転の「夜行列車」をただ今発売中です。座席数に限りがございますので、ご乗車ご希望のお客様はお早めにお申し込みをお願いいたします。…
  • 本日のVIP

    本日はミャンマー政府要人御一行様がいすみ鉄道にお越しになられました。ミャンマーの国鉄総裁と国鉄幹部の皆様方です。いすみ鉄道では彼らのために1本臨時列車を仕立て、運転いたしましたが、その車内で運転操作や乗り心地などをチェックされていました。▲大多喜に到着して記念撮影。▲ちょうど、大多喜高校に受験しに来た生徒さんたちがいましたので記念撮影に応じられたTHUREIN…
  • サボ贈呈式

    先週の水曜日、24日のブログで大多喜高校の生徒さんたちが駅の掃除をしていただいた話をいたしました。その時、大多喜高校の女子高生をモデルにしたサボ(行先表示板)をご紹介させていただきましたが、昨日はそのサボの贈呈式を行いました。大多喜高校の前生徒会長さんがこの春卒業されますが、彼女は中学生のときからいすみ鉄道対策会議に入っていて、何とか自分たちでいすみ鉄道を盛り上げようという取り組みをしてくれていて、「いすみ鉄道で通うために大多喜高校へ入りたい。」と言ってくれていたのですが、その後、ちゃんと大多喜高校に入学し、3年間生徒会活動で一生懸命いすみ鉄道を盛り立ててくれていたのです。その彼女が卒業されるということで、感謝の気持ちを込めて、生徒会の役員さんたちと学校に対してオリジナルサボを贈呈させていただきました。ちょうどテレビ番組のロケが入ってましたので、この贈呈式を取材していただきまして、皆さんで記念撮影をしたのがこの写真です。以前にもお伝えいたしましたが、私はあまりこのようなJKキャラは興味がないのですが、いすみ鉄道対策会議の席上で、彼女たちから「ぜひ、JKキャラを作ってほしい。」という要望をいただきまして、それでは、感謝の意味を込めて、作りましょうということになったのです。自分たちが考案したものが形になるということ。そしてその形になった行先表示板を取り付けた列車が実際に走るということ。その列車で毎日学校に通うということ。こういうことは、高校生という年代にぜひ経験してほしいことだと私は考えます。そしてこれが長年応援してくれたことに感謝するいすみ鉄道社長としての私からのプレゼントです。▲大多喜高校で行われたいすみ鉄道対策会議での記念撮影。おそろいのジャケットが素敵です。このサボの贈呈は嬉しいことにとても喜んでくれました。そして彼女たちの口から出た次の言葉は、「今度は男子高校生!」ということで、次回のモデルは現生徒会長と副会長に決定です。いすみ鉄道は彼らの笑顔と希望を乗せて、地域の足としての使命をしっかりとはたしています。…
  • 藍のしぼり染(大判飾り布)

    今日は、呉服の店で実施している「藍のしぼり染(大判飾り布)」の教室の2日目。染色作家の大津翠先生のご指導のもと、見事な作品が仕上がりました。シーツ大の綿布に、参加者は思い思いのデザインを施しています。    …
  • 日本PR大賞受賞祝賀会

    昨日、いすみ鉄道の地元大原の中央商店街協同組合の皆様方が、いすみ鉄道が「日本PR対象2015」を先日受賞した祝賀会を開催していただきました。…
  • 九星氣学で開運!2016年運気先取り開運講座(こころのワーク付)を行いました

      「九星氣学で開運!2016年運気先取り開運講座(こころのワーク付)を行いました」の続きを読む…
  • My Station 2日目

    今朝は釧路で目覚めました。 そして茅沼へと向かいます。…
  • 昨日は、つかの間の雪景色!

      昨日の明け方に降った雪は、少しだけですが、雪景色をつくってくれました。…
  • チラチラちらし?

    こんにちは!! 海の見えるレストランのDチャンです。…

千葉の天気

千葉のねこ・ネコ・猫

駅猫Diary 猫のくつろぐローカル線をたずねて [ しげぞう ]

価格:1,404円
(2018/3/8 10:47時点)(楽天ブックス)

株式会社ベイキューブシー

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る
Translate »