投稿者プロフィール

いすみ鉄道 社長ブログいすみ鉄道 社長

いすみ鉄道のようなローカル線は、鉄道会社といっても零細企業です。こういう小さな会社は、社長が何を考え、どういうポリシ―や方向性で進んでいるのかを皆さまに直接お伝えし、ご理解いただくことが大切だと考えています。このブログでは、地元の情報やイベントなども併せて、「いすみ鉄道の今日」をお伝えいたします。どうぞお付き合いくださいますようお願い申し上げます。

http://isumi.rail.shop-pro.jp/

いすみ鉄道 社長ブログ一覧

  • 鉄道が消えた町

     SDカードの整理をしようと思って画像を見ていたら、去年の年末に訪ねた福岡県の写真がありました。…
  • 一雨千両

     雨の日が多くなってきました。昔の人はいろいろなことを考えていたようで、「一雨千両」などという言葉があります。ひと雨降ると山の木々が成長して大きくなりますから、その分資産価値が上がるというような意味合いだと思いますが、紀州の方では「一雨三千両」などとも言われ、林業が基幹産業だった時代は、雨が降ると三千両も儲かったというようなことでしょう。「一雨潤千山(いちうせんざんをうるおす)」という言葉もあるようで、これは、天からの恵みである雨は、平等に皆さんを潤してくれるという意味だそうです。金持ちにも貧乏人にも平等に雨は恵みをもたらしてくれるという昔の人の考えですが、今は、雨というといきなり大雨が降るゲリラ雨だったり、鉄砲水だったりと、マイナスのイメージしか思い浮かびませんが、昔も今も、農家の皆さんにはもちろんのこと、私たちの生活にも、「ある程度の」雨は必要なんですよね。ということで、このところ、一雨降るごとに山の緑が濃くなって、季節の移り変わりを感じます。今日のいすみ鉄道です。とても緑がきれいだったので、ジオラマモードで撮ってみました。いいところでしょう。東京から1時間で来られるローカル線としては絶好のロケーション。それがいすみ鉄道です。でも、この季節は先ほど申し上げましたように、雨が降ると草が伸びて、線路を覆います。これは車輪が滑走してブレーキ距離が延びる危険性がありますから、除草剤をまいたり、草刈りをしたりで、実は今の季節は結構忙しいんですね。特に、いすみ鉄道沿線に多いのは「竹」。そりゃそうですよね。タケノコの里ですから。この竹が一雨ごとにグングン伸びて、伸びた若竹が雨の重さでしなって線路に覆いかぶさります。そこに列車が通りかかると、危険というわけではないのですが、やはり車体に細い若竹が当たるとムーミン列車の塗装に傷がつく可能性がありますから、運転している運転士さんたちは気が気ではありません。そこで運転士さんたちは、乗務以外の日勤日に自分たちで当番を決めて、ふだん乗務中に気になる箇所の竹狩りに出動するのです。こんなうっそうとした切り通しを抜けると・・・・久島運転士と佐渡運転士が一生懸命作業中です。彼らは自社養成乗務員ですが、いすみ鉄道では運転だけをしていればよいというのではありません。だいたい3日乗務して2日日勤という形ですが、乗務中に気付いたところをこうして作業してくれているのです。もちろん、専門の機械が必要な高所作業などは列車終了後の夜間作業となりますが、ローカル線で地域貢献したいという強い意志を持って働いている人たちですから、できることは自分たちで率先してやっているのです。簡単そうに見えますが、50のおじさんにこの作業は結構つらいですよ。私などは線路の上を歩くだけで足がつってしまい、肉離れ状態ですから。今年は工務課の職員が1名マイナスですので、こういう作業も分担制になるのです。お二人ともお疲れ様でした。それにしてもすごい山の中でしょう。東京育ちの私の目には、この景色はたまりません。私はいすみ鉄道沿線がとても気に入っているのです。でも、良い子は線路に入ってはいけませんよ。あと、沿線で撮影の際はアブ、ハチ、ヒルにご注意ください。(特に大多喜より山側)さあ、来週はホタル列車です。…
  • いすみ鉄道もなか in 錦糸町

     今日は錦糸町に来ています。地元の商店街連合会様との打ち合わせです。千葉県の鉄道の起点はかつては両国でした。錦糸町は客車や貨車の入換をしたり、千葉県からの物資が集まるところでした。その関係で、錦糸町を中心とする墨田区には千葉県にご縁がある方々がたくさんお住まいです。そういう皆様方に千葉のローカル線であるいすみ鉄道をもっと知っていただいて、応援していただこうと思い、墨田区の商店街連合会の皆様方にご相談申し上げました。錦糸町の駅前で、イベントキャンペーンをやって、いすみ鉄道の物販を行いたい。墨田区の皆様方に昭和の懐かしいローカル線に夢を持っていただきたい。そんなお話です。近日中に具体化させて、この夏には実現したいと考えております。地域の秋祭りの宣伝なども一緒にできたらうれしいですね。売り上げUPを目指して。私が子供のころ、ここは錦糸堀といって大きな都電の車庫がありました。歩道橋の上に上がってこちらを見るとたくさんの都電が、右にある駅の方を見ると、ガードのむこうでC57が煙を吐いて入換をしていました。そんな懐かしい場所なので、都電ではありませんが、ちょっと雰囲気を出して、「いすみ鉄道もなか…
  • 営業努力

     今日は雨の一日でしたね。こんな時は、お客様が少なくて売り上げが上がりません。私は、私なりに一生懸命に考えて、いすみ鉄道を維持する努力をしております。その努力というのは、収益を上げる努力はもちろんですが、地域に人がいらしていただくこと、地域の売り上げを増やすこと、地域活性化のお手伝いをして、第3セクター会社として地域に貢献することなど、多種多様な方法で努力しています。でも、いくらいろいろな点で地域に貢献しようと努力しても、私に課せられた最大の使命は収益を上げることで、それ以外のことは何をやっても評価されません。例えばビール列車。いすみ鉄道は毎年ビール列車をやっていますが、その列車の中で使用するビールやおつまみ類はすべて地元から仕入れています。ビールやおつまみ品を含めて、ほとんどすべての商品はインターネットで仕入れた方がはるかに安くて、会社としての利益率は上がるわけですが、地域密着型の鉄道会社としては、私はそういう仕入れはするべきではないと考えていますから、多少高くたって地元にお金が回るようにするべきだと思いますし、それが外から地域にお客様を呼び込むことができるローカル線の一つの使命だと考えているのです。でも、私の周りにいる人たちの中には、どうもそういう考え方ではなくて、「収益を上げろ。」というのが口癖で、私のようにわざと高い商品を仕入れて会社の利益を低くすることは「背任行為に当たる」という考え方の人もいるわけで、とにかくローカル線と言えども、収益を上げることがまず第一で、地域活性化だとか観光だとかは私の仕事ではないというわけです。まあ、確かにダラダラと出血している状態の時に人の心配はするなというのもよくわかります。でも、そんな時でも、私の周りにいる人たちの中には、輸血してあげようという人は誰もいませんから、自分で体力をつけるしかないのです。ということで、営業努力をしています。大多喜のセブンイレブンさんでいすみ鉄道商品を委託販売していただいています。少しでも売り上げを上げるためにご協力いただいています。駅の売店は4時には閉まりますし、人件費もかけられませんから営業時間の延長も不可能です。でも、ここなら、「夜中に急にい鉄揚げが食べたくなっても安心」ですね。このように、いすみ鉄道商品を販売していただけるお店を1つでも増やそうと考えています。ご協力いただけるお店さんがございましたら、お知らせください。もちろん地域外でもかまいません。東京でも大阪でも、どこでもありがたいお話です。さて本日は、以前からよく存じ上げている「サービス・ツーリズム産業労働組合連合会」の東日本地連の皆様方に団体でご乗車いただきました。旅行会社やホテルの職員で作る組合員の皆様方で、鉄道や航空と同じ業界の中にいる方々ですから、いすみ鉄道の事情も良くわかってくれています。合計69名様で、大型車両のキハを運用に当てて対応いたしましたが、そんな車内でもアテンダントの早苗姐さんがキハ52の中でお客様をかき分けながらの車内販売。私も同乗して、「一人1000円は買ってくださいね。」とお願いして回りました。何もやらなければ「ゼロ」ですからね。サービス連合・東日本地連の皆様、本日はどうもありがとうございました。こちらはもう1両のキハ28の車内。この団体さんがご乗車されなければ、この列車は一般のお客様たった2名だったわけです。ああ、恐ろしい・・・だから、誰もお客様が来なくても、ちゃんと売り上げが上がる仕組み作りが急務なんです。小谷松駅と西畑駅で、少し色づき始めてきたアジサイが声援を送ってくれていました。今夜は愚痴ではありませんよ。落ち込んでもいません。皆さん私は大丈夫です。元気ですよ。その証拠に、今からガソリン補給です!…
  • 大多喜高校のマンドリン・ギター列車 運転します。

     昨日のブログでも少し触れさせていただきましたが、今度の日曜日、6月7日にいすみ鉄道の地元、大多喜高校の生徒さんたちによる …
  • 若桜鉄道のブライダル列車

     鳥取県の第3セクター、若桜(わかさ)鉄道の話題です。お隣の兵庫県に若狭湾がありますが、こちらは若い桜と書いて「わかさ」鉄道です。4月にSL走行社会実験をやって、ローカル線の集客力と情報発信力、そして可能性を証明してくれたのは記憶に新しいところですが、早速その時の写真を使用して、若桜町の広報誌の5月号の表紙になりました。蒸気機関車を前に、一番右が石破大臣。一番左がいすみ鉄道社長のわたくしでございます。4月11日のイベントで、広報5月号の表紙になっているということは、田舎の町の広報誌としてはすごいスピードですが、速報性が大事ということで、ページを空けて待っていたんでしょうね。町の歓迎ムードが伝わってきます。実は、いすみ鉄道の地元、大多喜町でも、時々広報誌の表紙を飾ったりしてくれているのですが、キハ52が運行開始した2011年の新年号には到着したばかりで旧塗装のキハ52の写真がドーン。新年号の表紙にしてくれたのですから、地域外の皆様には、こういうところで地域の意気込みを感じていただけるのではないかと思います。さて、その若桜鉄道では、昨日5月31日にブライダル列車が運転されました。若桜鉄道のFACEBOOKページにこのブライダル列車の様子が紹介されていて、これは皆様方に知っていただきたいと若桜鉄道の山田社長さんに連絡を入れたところ、ご快諾をいただきましたので、ここに掲載させていただきます。機関車を前に式を挙げて、ターンテーブルで記念撮影。これはカマ前式というのでしょうか。(小さな写真はクリックすると大きくなります。)各駅では歓迎ムードでいっぱいです。車内も楽しそうですね。若桜鉄道の列車はJR因美線に入り鳥取駅まで乗り入れています。この写真は鳥取駅のホーム。地元の高校生も祝福しています。JRとの協力関係がわかる1枚でもあります。地域密着型の若桜鉄道の雰囲気が良く出ている手作り結婚式でした。関係者の皆様、準備等大変でしたね。お天気も良く、大成功で本当に良かったですね。新郎新婦、若桜鉄道の皆様、そして沿線の皆様、おめでとうございました。鳥取県の山の中にある人口わずか3500人の若桜町が、線路の維持管理というインフラ整備に多額の支出をして、こうしてローカル線を維持しているのですから、皆様方の町にできないはずはありませんよね。いすみ鉄道では今度の日曜日に、大多喜高校の生徒さんたちによる「マンドリンギター列車」が走ります。毎年恒例の高校生によるいすみ鉄道応援列車です。皆様、どうぞご乗車ください。…
  • ゴミゼロ運動

     今日は地元佐倉市ユーカリが丘で、ゴミゼロ運動に参加しました。と言っても、ユーカリが丘地区にはあまりゴミなど落ちていませんが・・・私はたばこを吸わなくなって20年以上経ちますが、一番多かったのがたばこの吸い殻でした。自分もきっとポイ捨てやってたんだろうなあ。佐倉中央ロータリークラブの皆様、ありがとうございました。そして、昨日今日と全国のゴミゼロ運動に参加された皆様、お疲れ様でした。私は、こんな時にしか活動できませんが、いすみ鉄道の駅をいつも清掃してくれている地元の皆様方には本当に頭が下がります。昨日の地震もそうですが、火山の噴火と言いこのところ天変地異が続いています。皆様どうぞお気を付けください。さあ、明日からは6月。気分を新たに頑張りましょう。…
  • 本日は平常運転です。

     おはようございます。昨夜、小笠原沖を震源とするマグニチュード8.5の地震が発生いたしましたが、皆様の地域はいかがでしたでしょうか。いすみ鉄道では、この地震による被害は発生しておりません。昨夜中に線路の点検を行い、本日は始発列車より平常運転を行います。キハによる急行列車及びレストラン・キハも運転いたします。他の交通機関の情報につきましては、それぞれの会社のWebサイトをご確認ください。ご乗車のお客様はお時間に余裕を見てお越しくださいますようお願い申し上げます。…
  • 今日はお休みです。

    昨日は大原で飲んで、今朝はいつも通りウグイスの声で目を覚ましました。…
  • 今夜は大原

    沖縄から帰ってきて今夜は大原の家にいます。…

千葉の天気

千葉のねこ・ネコ・猫

駅猫Diary 猫のくつろぐローカル線をたずねて [ しげぞう ]

価格:1,404円
(2018/3/8 10:47時点)(楽天ブックス)

株式会社ベイキューブシー

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る
Translate »