投稿者プロフィール

いすみ鉄道 社長ブログいすみ鉄道 社長

いすみ鉄道のようなローカル線は、鉄道会社といっても零細企業です。こういう小さな会社は、社長が何を考え、どういうポリシ―や方向性で進んでいるのかを皆さまに直接お伝えし、ご理解いただくことが大切だと考えています。このブログでは、地元の情報やイベントなども併せて、「いすみ鉄道の今日」をお伝えいたします。どうぞお付き合いくださいますようお願い申し上げます。

http://isumi.rail.shop-pro.jp/

いすみ鉄道 社長ブログ一覧

  • 今日の出来事

     今日は朝から忙しい一日でした。昨日の晩は大原の家に泊まり、今日は午前中、大多喜でイベント。そして午後からは私の地元佐倉市ユーカリが丘のお祭りに参加いたしました。地元のお祭りですから、その後は当然地元の皆様方と飲み会になるわけで、帰宅したのがこの時間でありますが、そんな中、お昼すぎに、水野賢一参議院議員と会合がありました。お忙しい時間を割いていただきましてありがとうございました。世の中が自分が考えている以上に速い動きを見せているのを感じる今日この頃でございます。たかだかローカル線のダメ社長なんですけどね。明日も地元の祭りに参加します。…
  • 今日の夷隅

    今日も暑い日でした。 都内や千葉県北部、茨城県などでは雷雲が発生し、洪水や停電が発生し大変だったと夕方のニュースで知りましたが、一部では鉄道も運転できないところがあったようです。ゲリラ豪雨はいつ、どこに来るかわからないという点で、安心できる場所はないというのが今日(こんにち)の現実ですね。…
  • 鉄道ファンだからわかること。

    共通の話題があると、育った場所や時代が違っても、同じ価値観を持つことができると思います。最近、FACEBOOKが発達してきて、鉄道ファンの皆様方が、昔懐かしい写真をたくさんUPされているのを拝見させていただいて、「ああ、同じ時代を過ごしてきたんだなあ。」と、思うことしばしです。昭和35年生まれの私は、物心ついたのが昭和38年ごろで、はっきり記憶に残っているのは昭和40年頃だと思いますが、私より年上の、例えば団塊の世代のお兄さんたちが撮影された昭和40年前後の写真を見ると、おぼろげな記憶がはっきりするというか、輪郭だけの記憶に肉付けされるというか、とても不思議な感覚にとらわれます。そして、なんだかありがたい気持ちになります。50歳以上のSL現役世代の人たちは、かつて全国津々浦々を走り回っていたSLを追いかけて、あちらこちらを旅した経験がおありだと思います。あの頃、SLが走る日本の風景というものは、ディスカバージャパンのキャンペーンに見られるように、地方を回帰し、地方の良さを表現するツールとして最高の素材でしたし、SLが走る景色が良いなあと思うのは、日本人共通の認識であったと思います。若い人たちにはわからないかもしれませんが、今、寝台特急が廃止されるとなるとマスコミが大々的に取り上げて、あちらこちらで大騒ぎになりますが、当時のSLブームというのは、今のブルトレ廃止の大さわぎがダイヤ改正直前だけじゃなくて、5~6年も続いていたと考えていただければ、どれだけすごい物だったかはお解りいただけると思います。では、なぜ、SLブームというものが何年も続いて、全国各地が大賑わいしたかと言えば、一言で言えば「都会人の田舎への憧れ」を端的に表しているわけで、昭和40年代の当時でさえ、都会に住んでいる人たちはSLが走る田舎の情景をテレビや雑誌で見ながら、「いいなあ。行ってみたいなあ。乗ってみたいなあ。」と思っていたわけです。当時はまだ都会でも平屋の家がたくさん残っていて、銭湯へ通っていたり、下町文化が残っていたりしましたが、昭和30年代までは食べていくことで精いっぱいだった日本人が、経済成長で人々の懐具合が良くなったこともあって、地方への旅行ブームというのも後押ししたと思いますが、都会の人たちは田舎へ対する憧れを持っていたということは間違いありません。では、その都会人の憧れの対象であった田舎に住んでいる人たちはどうだったかと言うと、「もうこんなところはダメだ。」とみんな思っていて、古い物が残っているのが恥ずかしい。だから、せっかく都会から人がたくさん集まってきているのに、「煙を吐いて走るこんな汽車はダメだ。ディーゼルにしろ! …
  • 酔いに任せて

     今日は地元佐倉市の会合で久しぶりに外でお酒を飲みました。昨日、大多喜高校が負けて、今日東海大浦安が負けました。どちらの学校もとてもいい試合を見せてくれて感謝しています。だから、今日は地元で千葉県にどっぷりつかって、お酒を飲まさせていただきました。ふだん車で通っている私としては、家に車を置いて、歩いてお酒を飲みに行く機会はそうそうあるものではありませんので、潔い高校球児の活躍を見せてもらったこともあって、とても気持ちが良いのです。地域というのは、こうやって、過去から脈々と受け継がれてきているんだと思います。そして、本当なら、未来に向けて脈々と続いているはずなんですね。でも、大きな番狂わせがありました。人口減少というやつです。多分、江戸時代以降で日本人が初めて経験する事態です。この人口減少事態で、日本は今までとは違った対応を求められています。つまり、我々は「Change」しなければならないのです。今までと同じことをしていたのでは、今後はないんですね。Change…
  • 夏バテ気味です。

    夏バテは私ではありませんよ。おわかりになりますか?写真をよーく見てください。お気付きになられましたか?キハ52が夏バテ気味です。冷房が故障して今日1日窓を開けて走行しました。都会じゃないから、それほどしんどい物でもなかったようで、お客様も田を渡る風を楽しまれてニコニコ笑顔でしたが、動くはずのものが動かないというのは良くありません。キハ52も大糸線を退いてから丸5年になるわけですから、冷房だけじゃなくて、全体的にそろそろくたびれてきているのは事実です。いつまでも走ると思うなキハ52ですから、やっぱり早くいらした方が良いかもしれませんね。この夏はずいぶん仕業を入れているけど、頑張ってくれるかな。何しろ50歳。壊れたら終わりですから。渡辺新悟さん撮影の第2五之町。やっぱり52は窓が開いてます。ご利用いただきましたお客様、ご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございませんでした。ていうか、冷房は直るのかなあ。たぶん大丈夫でしょう。影山さんの冬のボーナスがかかっていますから。と、とりあえずつぶやいておきましょう。…
  • 素晴らしい人に出会いました。

     なんだかんだで今自宅に戻りました。でも、今日は大きな収穫と言いますか、すばらしい出会いがありました。37歳の青年で、鉄道会社の土木関係の職員の方なんですが、実にさわやかで潔い。彼の年頃だと、いろいろ会社でも大変だと思うのですが、お話をお聞きすると確かに会社では大変で、それも人間関係。もともと理系だから、仕事は好きなんだけど、人間関係がどうもうまく行かない。そこへ持ってきて、春に移動があって、評判の悪い、どちらかというと皆に嫌われている人間が上司になったらしいんです。「いやだなあ。」と思ってたけれど、考え方を変えてみた。「あの人も大変なんだろうなあ。」とか、「かわいそうな状況にあるのかもしれない。」とか、考えて接してみたらしいんです。それも、毎日一貫してそうやって彼に接してみたら、全然嫌な人間じゃないことに気付いたというのです。へんな宗教の話じゃありませんよ。私の息子の一人は、「右の頬を打たれたら、左の頬を差し出しなさい。」の学校へ7年間も通ったけど、全然効果なく、ごくごく普通のおじさんになってしまった。なぜならば、かくいう私自身が37歳の時には、会社の中で先輩のおじさんに向かって、「なんで俺より仕事しないのに、給料だけは高いんだ!」などと叫んでいましたから、そう考えると、今日出会った37歳の青年は、実にすばらしい。そして、彼のような若い人が、世の中には確実に増えてきているのではないだろうかと感じるのです。前にも言ったけど、私たちの世代は偏差値世代だから、簡単に言うと「奪い合う世代」。「横取りする」世代なんです。隣の席の学友よりも良い成績をとって、良い学校へ行って、良い会社へ入ることが人生の幸せだと思っていた。でも、今の若い人たちは、だんだんと変わってきていて、私たちおじさん世代に比べたら、確実に人として成長している人が多くなってきているんですね。それは、なぜかと言えば、社会全体が豊かになってきたからかもしれないし、情報が色々なところにも行き渡るようになったからかもしれない。だから、私は、そういう時代の若い人に向かって、「最近の若いやつらは」という言葉は、使うべきではないんじゃないかと、いつも考えてしまいます。それだけ、最近の若い人の中には、まともな人が増えてきていると思います。もちろん、どうしようもない人間もいることはいるけれど、そういう馬鹿はいつの時代にもある一定の割合で存在するのが世の常ですから、私は、若い人たちに、これからの世の中を歩くにあたっての案内人のような存在にならなくてはいけないと、本日彼に出会ってそう思いました。先日、私の地元の佐倉青年会議所の皆様方の前でお話をさせていただく機会がありましたが、自分がやってきたとこを振り返るとき、今の若い人たちは物事が良くわかっていて、ちゃんとしているなあと感心する50オヤジなのであります。相手に対して、「どうして俺のことを理解してくれないんだ。」じゃだめなんですよね。「私がこんなに愛してるのに、彼はわかってくれない。」と言っているのと同じですから。自分がどう変わるか。これなんですよね。人間、年齢じゃないんです。若くても立派な人はいるし、年だけ食ってて馬鹿もたくさんいますから。これ以上言うと、今日彼に出会えた意味がなくなりますから今夜はこの辺で。佐倉青年会議所のFACEBOOKページは …
  • CHE ちっちゃいホルンアンサンブル 車内演奏会

    ちびっこたちは今日から夏休みが始まりましたね。 いすみ鉄道は交通事業者で、観光鉄道としてもビジネスを行っておりますので、基本的には365日年中無休ですが、夏休みに入るとたくさんのお客様で賑わうようになりますから、ほとんどフル活動状態になります。ということで、今日はいろいろな要件があって、土曜日でお酒の会合でもないのに帰宅が午前様になってしまいました。小型のホルンを使って演奏活動を行っているCHE(ちっちゃいホルンアンサンブル)というグループが、7月25日に列車の中と駅のホームで演奏会を行います。メンバーは大学生から社会人、50代のおじさんまでとても幅広い方々で、皆さんいろいろなところで演奏活動をされているのですが、ぜひ、列車の中でやってみたいということでお話をいただいて実現いたしました。私は音楽、楽器は全くダメですが、聴くのは大好きですので、乗り合わせたお客様にも同じ感動を持っていただけたらと考えています。小っちゃいホルンアンサンブル。ぜひお楽しみに。先日お知らせいたしましたいすみ鉄道と銚子電鉄、そして山万(やままん)ユーカリが丘線の3社共同企画夏休み「ちば鉄道ランド」3駅スタンプラリーが本日からスタートしました。楽しい夏休みの思い出を千葉県内で作っていただきたいと思います。後日お知らせいたしますが、8月後半には成田空港から千葉県内各地への無料バスサービスもありますので、成田空港を起点に、いすみ鉄道と銚子電鉄に無料で足を運べるようになります。遠方の皆様方も成田まで飛行機でやってくると、3駅スタンプラリーを効率よく回ることが可能になります。今年の夏は千葉県へのご旅行を企画してみてください。本日は、これにて失礼いたします。明日は大原漁港「港の朝市」開催日です。皆様どうぞお越しください。…
  • 千葉県観光商談会へ参加してきました。

    台風11号が駆け抜けていきましたが、皆様の地域は被害はございませんでしたでしょうか。浸水や河川の氾濫など、被害にあわれました皆様方へは心よりお見舞い申し上げます。(ここで気分を変えて)さて、そんな台風にもめげず、悪天候の中、昨日は名古屋で行われました千葉県主催の観光商談会へ参加させていただきました。千葉県の魅力を中京地区の旅行会社の皆様方へご紹介する商談会ですが、いすみ鉄道社長としてのトップセールスでございます。旅行会社でツアーを作っていらっしゃる観光のプロの方々への商談会に、地域鉄道が参加することは今まであまりなかったと思いますが、いすみ鉄道の「伊勢海老特急」のご紹介をメインに、ムーミン列車、沿線の見どころをご案内させていただきました。私は、いすみ鉄道を観光鉄道化しようと考えて日々努力していますが、その基本となるのは観光でいらっしゃるお客様のニーズを的確にとらえ、都会の方々がどのような旅をしたいかという需要を、地域の資源を使いながら開拓していくことです。つまり、いつもいつも、「まだいらしてない方々」とターゲットにして潜在需要を開拓する努力をしないと、今いらしているお客様(顕在需要)だけでは必ず先細りになると考えて、今回は県主催の観光商談会に、ローカル鉄道として参加させていただいたのです。名古屋を中心とした中京地区というのは知る人ぞ知る食材の宝庫であり、うまいもんがたくさんあるグルメ地帯です。そういう地域の皆様方に房総半島の伊勢海老、アワビ、サザエをふんだんに味わえるいすみ鉄道の「伊勢海老特急」をぜひツアーに組み込んでいただきたいと思いますが、さすが旅行会社の皆様方ですから、いすみ鉄道のグルメ列車をご存じな方が多く、とても関心を持っていただきました。「大多喜は本多忠勝の城下町です。」と申し上げると、中京地区の皆さんは「?????」という顔をされます。「本多忠勝はうち(愛知)ですよ。」となるのです。本多忠勝は三河の出身で、最後は三重県の桑名で亡くなっています。大多喜にいたのはほんの10年位ですから、愛知県の方は本多忠勝と言えば自分のところだというんです。私にしてみたら、それこそチャンスで、「そうなんですよね。こちらの忠勝公が、実は大多喜城の初代城主なんですよ。」と申し上げて、ご縁を感じていただき、興味を持っていただけるのではないかと思うのです。(本多忠勝は1590年から1601年まで大多喜城主と言われていますが、大多喜城が完成するまでの間はいすみ市の万木城にいたと最近の研究では言われています。)さあ、秋以降、愛知県からの観光客が房総半島にたくさん来ますよ。千葉県主催のこの観光商談会、次回は10月に都内で行われるようです。いすみ鉄道に関係する観光事業者さんを皆つれて行っちゃいましょうかね。今年の夏の森田知事の観光ポスター …
  • 新版 1日フリー乗車券 2種

     いすみ鉄道では新型車両キハ20−1303の到着を記念して、1日フリー乗車券を発売します。この1日フリー乗車はご覧の通り、6月22日にクレーンで吊り下げられて大多喜駅に搬入された時の2度と見られない姿の写真です。今度の土曜日、7月18日からの発売です。発売箇所・発売開始時刻大多喜駅 …

千葉の天気

千葉のねこ・ネコ・猫

人情船橋競馬場厩舎ネコ物語 [ 津乗健太 ]

価格:1,998円
(2018/3/8 10:49時点)(楽天ブックス)

株式会社ベイキューブシー

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る
Translate »